松剛のうまさの秘密「松阪牛」

歴史ある松阪牛を独自のルートで仕入れています。

1.肉の匠が語る本場の松阪牛とは

松阪牛とは

「子牛の状態で、兵庫県の但馬の方から子牛を買ってですね、なおかつ雌の処女の牛と、色々な規定があるのですけれども、その規定通りの牛を松阪のエリアで一定の期間育てて、美味しい餌を与えてですね、一生懸命育てたものが松阪牛と言う区別になると思うんだよね。
餌と環境とあと愛情と、これが大きな松阪牛を美味しくする要素になっていると思うんだよね。」
優れた資質と行き届いた飼養管理、一頭一頭に愛情を込め、手間暇かけて育てられた松阪牛。
肉の芸術品と称される、その旨味の秘密とは。

松阪牛の旨味の秘密と特徴

「脂肪、さしが入っていると言うのだけれども、それがより、他の他府県の牛に比べると非常に肉質が細かくて、脂が甘いというのが。
肉の旨味というのは脂だから、脂が美味しいのが松阪肉の特徴だと思いますね。
脂が美味しいのが松阪肉の特徴だと思いますね。」

(肉の匠 村田知之氏)

2.希少部位とホルモンに秘められた本物のうまさ

肉の希少部位について

「お肉の中にもですね、非常に少ない部分だけども美味しいと言われている部分、それを希少部位というのだけども、その部分だけを集めてですね、いつも売り切れのないように、なおかつ美味しいものがいつも食べれるような、そういう事もちゃんとしますので。ましてやそれは黒毛和牛のいわゆる4等級以上ということで、非常に美味しい。そういうものをきっちり集めてありますので、松阪肉と、そういうものを一緒に召し上がっていただきますと、非常に美味しく召し上がっていただけると思います。」


また、松剛のホルモンは他店では味わえない、新鮮プリプリの食感が自慢です。中でも、牛の小腸にあたる、丸腸はロングサイズで、当店の焼きマイスターが、絶妙な焼き加減でお焼き致します。ホルモンは噛み切れないから苦手、という方でも松剛のホルモンは、別格なのです。このホルモン通をもうならせる味。ぜひ一度、松剛でお試しください。


「本当に美味しい肉を、立川の人に食べていただこうかなと。ぜひ一度食べてですね、この松剛の肉の美味しさを味わってほしいと思います。やっぱり本物は美味いわな。」

photoimage_movie_003photoimage_movie_002photoimage_movie_001